抜歯後腫れ(腫脹)が引かない、増している

みなさんこんにちは、大阪府高槻市藤の里町の歯医者、ほほえみ歯科です。

みなさん、1度や2度は抜歯の経験があると思いますが、抜歯後なかなか腫れが引かずに数日間どんどん腫れてきたことありませんか?
2-3日後まで腫れが増してくるのは正常な治癒経過なのでご安心ください。これは、抜歯後の傷口に血管ができる時間に関係しています。
抜歯後、創部(傷口)に新しい血管ができるのに個人差はありますが、3-4日かかります。新しい血管ができれば、中の血液などを代謝してくれるので腫れは引きますが、それまでは腫脹が増していくというメカニズムです。

このような腫れの程度は抜歯の方法や縫合の方法によっても大きく変わってきます。
高槻市藤の里町にあるほほえみ歯科ではなるべく患者さんの負担が少なくて済むように、腫れや痛みの少ない抜歯方法で行っていますのでご安心ください。

また、上記の理由とは別に「抜歯後感染」といって、創部に細菌が入ることにより腫脹や疼痛が出ていることもありますので、症状が強いときや長引いている場合は大阪府高槻市藤の里町のほほえみ歯科に遠慮なくご連絡ください。

(近々抜歯後感染の症状についても記事を書きたいと思いますので、ぜひご覧ください。)


丁寧で痛くない抜歯 高槻市藤の里町の歯医者さんならほほえみ歯科
ホームページ http://www.hohoemi-dc.jp/

 

s