入れ歯のお悩みはありませんか?~入れ歯治療~

失ってしまった歯の機能を補うための治療で一般的なのが入れ歯治療です。保険診療を選ぶことができるので、比較的安価に、そして比較的早く治療ができます。しかし「入れ歯が痛い」「よく噛めない」「外れやすい」そんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるようです。当院では患者さんのお悩みを伺い、入れ歯の調整や新しい入れ歯の作製を行っています。お気軽にお問い合わせください。

保険診療と自費診療の入れ歯の違いについて

大きな違いは自己負担金額です。保険診療の場合、治療費用は一部負担で済みますが、自費診療の場合は全額負担です。そして保険診療の場合は、素材や作製方法が限定されますが、自費診療の場合は、自由に選ぶことができます。

保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
【素材】
レジン(歯科用プラスチック)のみです。部分入れ歯の場合は金属のバネ(クラスプ)がつきます
【素材】
さまざま素材から選択可能です
【作製期間】
早ければ1ヶ月程度で完成します
【作製期間】
素材により時間がかかります

【使用感】

  • しっかり噛めないことがあります
  • 全体的に厚みがあるので装着時に違和感があります
  • 食べ物の味や温度を感じにくい素材です

【使用感】

  • 比較的しっかり噛めます
  • 素材や構造を選べるので、見た目や噛み心地などにこだわることができます
  • 食べ物の温度や味を感じやすいような素材や構造にすることも可能です
【美しさ】
とくに部分入れ歯の場合は、入れ歯とわかってしまいます
【美しさ】
美しく仕上げることができます
【修理・調整】
壊れやすい素材ですが、比較的簡単に修理・調整できます
【修理・調整】
素材によっては、修理ができないことがあります

当院の取り扱い入れ歯

ノンクラスプデンチャー

歯ぐきを覆う部分に弾力性のある素材を使ったバネ(クラスプ)のない自費診療の部分入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー

【メリット】

  • バネがないので目立ちません
  • フィット感に優れています
  • まわりの歯に負担をかけません
  • 軽くて弾性が高いので壊れにくい素材です

【デメリット】

  • 激しい温度変化に弱い素材です
  • 熱伝導性は金属床に劣ります
  • 歯の欠損状態によりつくれない場合があります
金属床(ゴールド床、チタン床、コバルトクロム床)

床の部分が金属でできている自費診療の入れ歯です。金属の種類を選ぶことができます。部分入れ歯も総入れ歯もつくれます。

金属床(ゴールド床、チタン床、コバルトクロム床)

【メリット】

  • 床部分を薄くつくれるので違和感が少なめです
  • 熱が伝わりやすく、食べ物の温度を感じやすくなります
  • 耐久性や強度が高い素材です

【デメリット】

  • 修理が難しくなります
  • 金属によってはアレルギーの心配があります

入れ歯のお手入れ方法について

入れ歯の洗浄

入れ歯の洗浄

入れ歯は毎食後外して洗浄しましょう。水を流しながら入れ歯専用のブラシを使って、食べかすなどをやさしく取り除いてください。ここで注意していただきたいのは、歯みがき粉を使用しないことです。歯みがき粉には研磨剤が入っていますので、入れ歯に細かい傷をつけてしまいます。この傷はカビや細菌のすみかになりやすいので注意しましょう。

歯や歯ぐきもきれいにしましょう

歯や歯ぐきもきれいにしましょう

入れ歯を洗ったら、お口の中もきれいにしましょう。入れ歯をしているとお口の中に汚れがたまりやすくなります。歯も歯ぐきもしっかりお手入れしましょう。

眠っている間は入れ歯洗浄剤に浸けましょう

眠っている間は入れ歯洗浄剤に浸けましょう

就寝時は、入れ歯を外し、汚れを流水で落としたら、入れ歯洗浄剤を溶かした水に浸けておきましょう。就寝時にも入れ歯を装着しておいたほうがいい方は、1日のうちの数時間は入れ歯を外して、入れ歯洗浄剤を使って洗浄し清潔を保ちましょう。

「見た目も噛み心地ももっと自分の歯に近づけたい」インプラント治療について詳しくはこちらをご覧ください

「ほほえみ歯科」へのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ電話番号072-673-44830