虫歯や歯周病は未然に防ぎましょう~予防歯科~

「歯医者さんには痛みがでてから通う……」これがこれまでは当たり前だったと思います。しかし、虫歯歯周病はその仕組みがはっきりわかっているので、実は予防歯科で防げる病気です。いったん病気になってしまってからの「治療」では、すでに病気によりダメージを受けている歯に、さらに治療でも少なからずダメージを与えてしまいます。つまり健康な歯をいつまでも保つ秘訣は「治療」ではなく「予防」なのです。

日本と歯科先進国の予防歯科に対する意識の違い

歯科先進国といわれるスウェーデン、米国と日本の定期検診を受診する人の割合は、それぞれ約9割、約8割、そして日本は数%という調査報告があります。この数値の違いは、歯科先進国では歯科医院に通うのは「予防」のためなのに対し、日本では「治療」に重きが置かれているという意識の違いが根底にあるといえます。

日本と歯科先進国の予防歯科に対する意識の違い

また、それぞれの国の80歳での残存歯数の平均をくらべると、約20本、約17本そして約14本です。歯が20本残っていると歯の機能はかなり保持できるといわれていますので、日本でも予防処置をしっかり行い、歯の健康をもっと長く保つことが大切だといえるでしょう。

予防歯科について

予防歯科について

虫歯の治療では、虫歯部分を削りそこに詰め物や被せ物を装着します。虫歯の進行を止めて歯の機能を補うことはできますが、元の虫歯のない健康な状態に戻すことはできません。予防やメインテナンスを怠り再発させてしまうと、さらにダメージが加わり大切な歯を失ってしまうことにもつながるのです。

虫歯や歯周病を予防するためには、毎日のご自宅でのセルフケアと定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケアが有効です。しっかり行えば、健やかな口腔内環境を維持することも難しいことではありません。普段から「予防意識」を持ち、お口のトラブルを回避しましょう。

虫歯や歯周病は再発しやすい病気です。そのため治療後はメインテナンスが大切です。毎日のセルフケアのアドバイスを受け、定期検診を積極的に受けましょう。

当院での予防処置メニュー

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には虫歯菌への抵抗力を高める作用や歯質を強くする働き、そして歯の「再石灰化」を促す作用があります。そのフッ素を歯の表面に塗布することで虫歯を効果的に予防します。

PMTC

PMTC

専門の器具を使って口腔衛生のプロが行う歯のクリーニングがPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)です。普段の歯みがきでは落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝のプラーク(歯垢)や歯石、軽い色素沈着などを取り除きます。仕上げに歯をなめらかにみがくことで汚れの再付着を防ぎます。

歯みがき指導

歯みがき指導

患者さん一人ひとりのお口の状態に合わせた適切な歯みがき方法をアドバイスします。口腔ケアのプロフェッショナルである歯科衛生士が、お口の中をチェックして、歯ブラシの種類や持ち方、動かし方、力の入れ具合などのお伝えします。

シーラント

シーラント

奥歯の溝は食べかすがたまりやすいうえ、歯ブラシもあたりにくいので虫歯になりやすい部位です。そこをあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋めて、汚れが入り込まないようにして虫歯を予防する処置がシーラントです。

噛み合わせの確認

噛み合わせが乱れていると、汚れがたまりやすかったり、特定の歯に偏った力がかかったりするので、虫歯や歯周病を誘発します。また顎や顔、全身のゆがみを招くこともありますので、噛み合わせをチェックして必要に応じて調整を行います。

「ほほえみ歯科」へのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ 電話番号:072-673-4483