歯医者に対して「怖い」「痛い」という
イメージを持っていませんか?

歯医者は歯の健康を保つために、症状が悪くなる前に予防を行ったり、悪くなった箇所を治療したりする場所です。ただし、歯医者に対して「怖い」「痛い」というネガティブなイメージをお持ちの方が多く、症状が悪くなるまで通院せずに放置してしまうケースも少なくありません。

歯科医療は早期発見・早期治療が基本です。そのため、まずは歯医者に対する恐怖心を取りのぞき、適切な処置を適切なタイミングで受けてもらうことが重要といえます。高槻市の親切丁寧な歯科医院「ほほえみ歯科」では、歯医者に抵抗がある方でも安心して治療に臨んでいただくために、さまざまな取り組みを行っています。

以下に該当する方はいわゆる「歯科恐怖症」です

以下に該当する方はいわゆる「歯科恐怖症」です

皆さんには、上記のような症状はありませんか? 該当する項目がある方は「歯科恐怖症」の可能性があります。歯科恐怖症とは、幼少期などの歯科医院での治療経験でネガティブな感情を抱いてしまったことに起因して歯医者がトラウマとなり、心身ともに過剰反応を示してしまう症状です。歯医者が嫌いで、通うだけでこのような症状を発症してしまう方も実際に少なくありません。

「ほほえみ歯科」が行う歯医者嫌い克服の取り組み

当院では、上記でご紹介した「歯医者恐怖症」の方でも安心して診療に臨んでいただくための取り組みを行っています。歯医者に恐怖心を抱いている方の大半は痛みに対して過敏反応してしまいます。そのため、当院では、なるべく痛みを抑えた治療を実施。特に麻酔の方法にはこだわりを持っています。

表面麻酔

注射針を刺す際の「チクッ」とした痛みに対して苦手意識のある方が多いので、そうしたケースでは表面麻酔を採用しています。表面麻酔は、麻酔を打つ箇所に塗ることによって針を刺した際の痛みを軽減する役割があります。痛みを抑えられることで自然と恐怖心も和らぐので、注射が苦手な方に特におすすめです。

電動麻酔

麻酔液を人の手によって注入すると、速さや注入量が一定ではなく、圧痛を起こすケースがあります。その際におすすめなのが電動麻酔です。電動麻酔は一定の速度とリズムで麻酔液をゆっくり注入できるため、痛みや不快感を軽減できます。表面麻酔と合わせて行うとより効果的です。

カートリッジウォーマー

麻酔液と体温との間に温度差があると、その刺激によって痛みを感じてしまうケースもあります。そのため、麻酔液を冷たいまま使用しないためにも、体温と同じくらいに保温するのがカートリッジウォーマーです。温度差による刺激を減らすため、麻酔液を体温と同程度まで温めてから使用します。

その他の取り組みについて
その1:歯医者ではないような内観

その1:歯医者ではないような内観

当院では患者さんに歯医者に治療に行くというよりも、気軽に美容室に足を運ぶような感覚でご来院いただいています。そのためにもこだわっているのは内観です。木を基調とした空間は、建物の温もりを感じられるため、安心感を持って治療に取り組めます。歯医者嫌いの方でも通っていただきやすい環境です。

その2:いつも笑顔で話しかける

その2:いつも笑顔で話しかける

当院では、スタッフ全員に患者さんに対して常に笑顔で接することを徹底させています。笑顔での対応は当たり前のようにも思いますが、実際は実践できていない歯科医院も多く存在するのもまた事実です。当院ではコミュニケーションを重視しており、患者さんと笑顔の関係性を保つことを大切にしています。

その3:アロマによるリラックス効果

その3:アロマによるリラックス効果

ご自宅でアロマを焚いてリラックスするのと同様に、当院でも院内でアロマを焚いています。実際に患者さんが緊張している際にアロマの匂いがすることで、癒されたり、安心感が高まったりするそうです。香りに関しても複数ご用意しているので、飽きることもありません。

その4:治療音はできるだけ小さく

その4:治療音はできるだけ小さく

「痛み」とともに患者さんが恐怖を抱きやすいのが、「音」です。当院では、治療音をなるべく抑えるためにもパーテーションを広く設けて、嫌な音が反響しないように工夫しています。さらにBGMを流すことによって、治療音を聞こえづらくするのに加えて音楽によるリラックス効果にも着目しています。

短期集中歯科治療のご提案

短期集中歯科治療のご提案

通常、歯科医院での治療時間は1回につき15分から30分程度で、治療内容によっては数ヵ月間の長い期間をかけて通院することが必要になるといわれています。歯医者に抵抗がある方や恐怖を覚える方にとっては、「何か月も歯医者に通院しなければならない」という状況そのものに耐えられず、治療を途中で諦めてしまうケースも少なくありません。
高槻市のほほえみ歯科では、歯科恐怖症や通院時間を作れないお忙しい方など、何回も治療に通うことに抵抗がある方に、短期集中治療をご案内しています。

短期集中歯科治療【自由診療】

短期集中歯科治療【自由診療】

短期集中歯科治療~眠っている間にまとめて治療を進めます
【自由診療】

チクンとした痛みを伴う局部麻酔が怖かったり、治療に使用する機械音が苦手だったりして、歯の痛みやむし歯が気になっていても、歯医者に行かない方は意外と多いです。
そんな患者様に、静脈麻酔と言う方法もあります。麻酔で眠っているような状態にして痛みや恐怖心を伴う治療をまとめて行うことができる短期集中歯科治療をご案内しています。1回の治療で、主だった治療を一気に終えることができるので、不快な思いをすることなく心と体の負担が軽減されます。 短期集中の歯科治療を希望される方には、カウンセリングで「鎮静麻酔代+歯科医師の治療時間代+治療代」で、治療全体にかかる費用をお見積りいたします。(鎮静麻酔代は、半日で10万円+税が費用の目安です。治療費は、別途自費診療となります。鎮静麻酔は希望される方のみ。)
カウンセリングの際には、患者様のお悩みや通院できる時間などのお話をうかがい、一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療方法をご提案いたします。
ただし、インプラント治療やホワイトニングなどの審美的な施術、矯正歯科など短期集中治療に適さない場合もございます。お気軽にお問い合わせください。

貸し切り歯医者

歯科医院の1回の治療時間は、通常の保険治療の場合であれば15~30分、自由診療の場合であれば1時間前後が一般的といわれています。しかしながら、しっかりと治療時間を確保していても、通常の治療時間内では対応できる施術は限られてしまうため、完治するまでに何回も通院していただくことになります。治療期間を短くするためには、複数回の治療をまとめて1回で済ませるための時間を確保する必要があります。そんなときにご提案するのが「貸し切り歯医者」です。貸し切り歯医者は、歯科医師を4時間、一人の患者様に貸し切りにすることで、まとめて治療を進ませるプランです。1回の治療時間を長く確保することで、治療期間や治療回数を減らすことができ、短期間での完治を目指すことが可能になります。

>>静脈内鎮静麻酔に必要な費用はこちら

貸し切り歯医者で出来ること
  • 治療期間の短縮
  • 治療回数の削減
  • 鎮静麻酔による治療
貸し切り歯医者のデメリットやリスク

貸し切り歯医者のデメリットやリスク

貸し切り歯医者のプランは、保険診療が適用されない自由診療になるため費用が高くなり、1回にかかる治療時間も長くなります。歯科医師の貸し切り代として4時間で15万円かかり、プラス治療費が発生します。場合によっては、鎮静麻酔を使用することもあり、痛みや恐怖から解放されるメリットは大きいですが、麻酔代が発生することになるので全体の費用負担が高くなります。

治療の進行 1回の治療時間 治療費用
4時間治療※1日4時間歯科医師貸し切り 4時間 150,000円+治療費(自費)+税
静脈内鎮静麻酔に必要な費用
痛みが苦手な患者さんへ ~静脈内麻酔~

静脈鎮静麻酔は、健忘効果もあるので、治療中の出来事はあまり記憶に残りません。そのため、歯科治療中の痛みや恐怖をほとんど感じることがなく、治療後もストレスが残ることがほとんどありません。今まで歯科恐怖症などを理由に治療を断念してしまった方も安心して完治することができます。

「ほほえみ歯科」へのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ電話番号072-673-44830