まるで自分の歯のように噛める~インプラント治療~

虫歯や歯周病、そして外傷などさまざまな理由で歯を失うことがあります。抜けたままにしてしまうと、残ったとなりの歯が倒れ込んだり、噛み合っていた歯が伸びてきたりと歯並びや噛み合わせに悪影響をおよぼし、お口全体のバランスがくずれてしまうことがあります。そうならないように抜けた歯を補う治療のひとつがインプラント治療です。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは?

生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を歯があった部分の顎の骨に埋め込むことをインプラント治療といいます。人工歯根の上にはセラミック製の人工歯を装着したり、特殊な入れ歯をはめ込んだりして、歯の機能を補います。天然歯のように美しい見た目や、自分の歯に近い噛み心地を得られる治療法として近年広がりを見せています。

当院の治療法について

インプラント埋入手術の方法
フラップレス手術

通常のインプラント埋入手術では、歯肉をメスで切開し、顎の骨を露出させてからドリルで穴を開けてインプラント体を埋入します。一方、メスを使わず小さな穴を開けてインプラントを埋入するのがフラップレス手術です。手術時間が短くて済み、歯肉へのダメージが少ないので術後の腫れや痛みが少なくなります。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の奥歯部分の上には「上顎洞(じょうがくどう)」と呼ばれる空洞があります。この部分の骨の厚みが不足している場合に、頬骨に穴を開け、骨補填材(こつほてんざい)などを注入し、上顎洞を覆う膜を持ち上げ、インプラントを埋入するのに十分な骨の厚みを確保する方法がサイナスリフトです。

ソケットリフト

ソケットリフト

上顎奥歯部分の骨の厚みが不足している場合に、上顎の骨を少しだけ残して上顎洞を覆う膜を持ち上げて骨補填材を注入します。症例によってはソケットリフトと同時にインプラントを埋入することもあります。

GBR法

GBR法

インプラント治療を行うにあたって、顎の骨の高さや厚みが不足している場合に、顎の骨を補うために、「メンブレン」という人工膜を張り、そこに自家骨(自分の骨の一部)もしくは骨補填材を注入し骨の再生を促す方法です。

スプリットクレフト

スプリットクレフト

インプラントを埋めるための骨の幅が不足しているときの手術法がスプリットクレストです。通常はドリルでインプラント埋入のための穴を開けますが、スプリットクレストでは、骨を削らずに骨の厚みを広げてインプラントを埋入します。

インプラントとその上部構造
インプラントロケーター

インプラントの上部構造に入れ歯を使う場合に、入れ歯とインプラントをボタンのような留め具で固定します。この部分をロケーターアバットメントといいます。この上にオールオンフォーなどを取りつけることができます。

ALL ON 4(オールオンフォー)

ALL ON 4(オールオンフォー)

通常、片顎(下顎または上顎のどちらか)のすべての歯をセラミックなどの人工歯で補う場合は10~14本のインプラントが必要です。オールオンフォーなら4本のインプラントで人工歯を固定できます。

インプラントオーバーレイデンチャー

インプラントを支えにして固定する入れ歯のことです。片顎につき2~6本のインプラントで総入れ歯や部分入れ歯を支えます。通常の入れ歯よりもよく噛めるうえ、インプラント体の埋入本数も少なくて済みます。

「マグネティックマレット」にも対応

通常、インプラント埋入手術ではドリルで穴を開けます。しかし上顎のやわらかい骨に対しては骨をハンマーでたたく方法しかありませんでした。これは手作業だと方向性や力加減を保つことが難しい方法です。一方、マグネティックマレットはフットペダルで操作できるので、両手で器具の操作ができます。

「マグネティックマレット」でのインプラント手術のメリット
  • ドリルで穴を開ける方法にくらべ、隣の歯などの損傷リスクが少なく安全な手術ができます
  • 無注水で窩洞形成ができるので、患者さんへのストレスが少なく、術者の視野確保ができるので手術のストレスを軽減できます
  • 骨が少ない場合でも骨移植などの処置なしでインプラントの埋入が可能になることがあります
  • 骨を圧縮して広げるので、インプラントの初期固定が強固になります
  • 操作が簡単で効率のよい作業ができるので手術が効率的に行えます

インプラントは治療後のメインテナンスが大切です

インプラント治療後に長くご使用いただくためにはメインテナンスが欠かせません。毎日のケアが不十分な場合は、歯周病に似た「インプラント周囲炎」を引き起こすことがあります。悪化させてしまうと、せっかく治療したインプラントの再治療や除去が必要になるかもしれません。予防のためには毎日の歯みがきとともに定期的な歯科医院でのメインテナンスを積極的に受けましょう。

「ほほえみ歯科」へのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ電話番号072-673-44830